『ダイレクトボンディング』知っていますか?

こんにちは!歯科助手の芹沢です🌿
だんだんと寒い日も増え、もうすぐ冬ですね⛄️
皆さま体調を崩さぬよう、お気をつけください。

今回は”ダイレクトボンディング”についてお話ししていきます!
保険外診療で、自費の治療となりますが「虫歯の治療」「歯が折れてしまった」「歯と歯の間を埋めたい」などといった場面で行われます🤔
この中で1番多いのは「虫歯の治療」です。
虫歯=銀歯 と思われる方が多いと思います。
この治療法は、削った所に直接コンポジットレジンを入れ、隙間なくぴったりと接着して詰めていく事ができ、更にレジンには多数の色があるので、治療する歯に合わせたレジンの色を使用する事ができます。
そのため、治療後の歯はとても自然な仕上がりになります✨
この治療のアシストについていても、どこの歯を治療したっけ??と思ってしまうほど自然で、とても綺麗なんですよ😊

実は、昔入れた銀歯の隙間から細菌が入り、再び虫歯になってしまった!という事もあるのです…。
この〝再び虫歯になってしまう〟というリスクを考えると、いずれ隙間ができてしまうかもしれない銀歯を入れるのではなく、隙間なくぴったり接着する事ができるダイレクトボンディングで治療しておく事がとてもおすすめです🦷✨

虫歯や治療する部位の大きさによって適応にならない場合や、保険診療内で銀歯を使わずに治療できる場合などがあります。
興味がある方はお気軽にスタッフにお声掛けください。ご希望があれば症例写真などもご覧いただけます📷

このホームページ下の「審美歯科」を押していただきますと「治療例」からも症例写真をご覧いただけます。